排卵日検査薬の使い方が分からない人のための基礎知識

 

排卵日検査薬を使うことで、妊娠しやすい日を知ることができます。しかし、排卵日検査薬を使ったことがないという人は、最初は使い方が分からないものです。いつ使ったらいいのか、どうやって使ったらいいのかなど説明していきます。排卵日検査薬というのは妊娠検査薬と同じで、検査部分に尿をかけるだけなのでとても簡単に使うことができるのです。検査薬を使う時期ですが、一般的には次の生理予定日の17日から20日前くらいから使い始めるのがいいとされています。それは、一般的に排卵が起こるのは、次の生理予定日の15日前くらいです。その頃に検査薬が陽性になることを想定して、その数日前から使いはじめるのです。また、検査薬を使う時間は特に指定はされていません。しかし、毎日同じ時間帯に使用をすることをおすすめします。さらに、検査薬に陽性とはっきりでないけれども、排卵日が近いと感じる場合は、朝と夕方などに2回検査薬をすることで確実にわかってきます。その結果をきちんと記録をしておくことで、だんだんと毎月の排卵のサイクルも分かってくるものです。排卵日検査薬は、妊娠検査薬と同じように使えばいいだけなので、使う時期に注意をしながら無駄なく使うことが大切です。

 

排卵検査薬

 

妊娠6週目の妊娠検査薬の反応

 

妊娠周期の数え方は、最終生理開始日を0日とし、0日から6日までを妊娠0週、7日から13日を妊娠2週というように、0日を起点に7日区切りで数えていきます。
だいたい妊娠2週の時に排卵があり、そこで卵子と精子が受精すれば受精卵の誕生です。受精卵は3日ほどかけて卵管から子宮に移動します。子宮に移動した受精卵は、また3日ほどかけて子宮の内膜に潜り込みます。これを「着床」といい、着床して初めて妊娠成立となります。(妊娠3週がその時期にあたります)
妊娠が成立すると、妊娠時にしか出ない「hCG」というホルモンが分泌され、妊娠検査薬はこのhCGに反応します。
早い人であればこの時期に妊娠検査薬が陽性になることもありますが、まだ分泌量が少ないので、陰性であっても後に陽性となる場合もあります。
そして妊娠4週が生理予定日にあたります。生理が遅れ「あれ?」と気付く人が多いのがこの週です。
この頃からhCGの分泌が徐々に増えてくるので、検査薬に反応することが多くなってきます。
妊娠5?6週はhCGの量も増えるので、この頃なら正確に検査結果が出るでしょう。
だいたい6週頃に赤ちゃんの心拍が確認されるので、病院では心拍の確認をもって初めて「おめでとうございます」と言われます。陽性反応が出ても、心拍が確認されるまでは子宮外妊娠などの異常妊娠の可能性もあるので、妊娠が分かればできるだけ早く産婦人科を受診しましょう。

 

 

妊婦さんに重要な栄養素「葉酸サプリ」

 

葉酸とは、文字通り葉物の野菜、またそれ以外の緑黄色野菜などに豊富に含まれているビタミンB群の一種です。遺伝物質であるDNAやRNAは核酸と言う物質から構成されているのですが、葉酸はこの核酸の合成に欠かすことができない成分とされています。また赤血球の合成にも必要不可欠な成分であるため、貧血予防、改善にも高い効果があります。その他にも、アミノ酸の合成やたんぱく質の生成、促進に関しても役割を担っているため、健やかな体作りのためには重要な成分と言うことができます。そのため、老若男女問わず積極的に摂取しておきたい葉酸ですが、中でも妊婦さん、または妊娠を目指している女性に関しては、葉酸摂取の必要性はより高いものがあります。特に妊婦さんに関しては、妊娠する1か月前から妊娠12週までに、1日0.4mgの葉酸を摂取することが推奨されています。これは先述した葉酸の作用が、胎児の発育や健康に重要な影響を及ぼすためで、胎児の細胞分裂が盛んなこの時期に葉酸をじゅうぶんに摂取することが、神経管閉鎖障害などの発症リスクを抑えることも明らかにされています。妊婦さんが推奨されている量の葉酸を効率的に摂取するためには、葉酸サプリを使用するのが効率が良いためおすすめです。葉酸サプリを利用した場合、過剰摂取を心配される方もいるかもしれません。これに関しては、葉酸は水溶性のビタミンであり、過剰な分は尿で排出されるためほとんど心配はないとされています。

 

排卵日検査薬

 

マカサプリとマルチビタミンの併用効果

 

マカサプリと相性がよいのがマルチビタミンです。
現代人の食生活は偏りがちで、特にビタミン類が不足しています。
ビタミンは相互に作用するため、一つが不足するだけで正常に働かなくなるのです。
あまり食べていないのに太る、日焼けしやすい、肌トラブルが慢性化している、などの悩みがある方はビタミン不足かもしれません。

 

マカサプリはハーブ系サプリとしては非常に体感しやすいですが、その働きを最大限に活かすためにはビタミンサプリが必要です。
特定のビタミンを摂取するのではなく、マルチビタミンとして摂取することですべてのビタミンを補えるわけです。
マカサプリと併用することで、疲れにくい身体へと変化していきます。
疲労を感じやすくなったら、老化が進行していると考えていいでしょう。
身体の衰えが顕著に現れるのは、睡眠後の疲労の蓄積度合いです。
若いころは一晩眠れば大抵の疲労は抜けたものですが、これが中高年となるとそうはいきません。
疲れは抜けないけど、若いころと仕事内容が変わらないとなれば、疲れが溜まっていくのは必然です。
マカサプリとマルチビタミンは、30代からの健康サプリとしておすすめです。
薬に頼る必要のない身体こそ理想的な健康体と言えます。

 

オリゴ糖は腸内環境の救世主

 

便秘や肌荒れなどの症状は腸内環境が乱れることによって起こります。そして、この腸内環境の乱れに大きく関係しているのが、ビフィズス菌です。ビフィズス菌は腸の中に100兆個以上存在していると言われており、この菌の数が減少してしまうと、腸のバリア機能が失われてしまいます。このビフィズス菌の数を増やすためにはオリゴ糖を摂るのがおすすめです。オリゴ糖は、胃腸を通って大腸まで届きます。そして、腸の中で体内の善玉菌のエサになるので、ビフィズス菌の活動を活発にして、数を増やしてくれます。さらに、人間の体はオリゴ糖を分解することができないので、途中で消化されて体内に吸収される心配がないので、腸内環境の救世主だと言えます。食物繊維を同時に摂取することによって、よりビフィズス菌の数を増やしてくれるのでおすすめです。効果的な摂取の方法ですが、毎朝バナナやリンゴを食べるのがよいです。バナナやリンゴには腸内環境を整えてくれる様々な成分が含まれています。一年を通していつでも手に入れることができますし、ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの成分も多く含まれているので、便秘や肌荒れで悩んでいる人に非常におすすめな食べ物です。

まつエクよりルミガンの方がいいと思う理由

まつエクよりルミガンの方がいいと思う理由

 

まつエクは一回やりましたが、すぐに元の状態に戻ってしまいました。
かなり高かったので長く持つだろうと思っていたのですが、一ヵ月後にはもう下向きのまつ毛になっていたんです。
そのためバカらしく思えてリピートはしませんでした。
今はルミガンを塗っているのですが、まつエクより圧倒的にこちらの方がいいです。
まず安いし、エクステの薬剤より安全性が高いです。
ルミガンは点眼薬なので目に入って失明したり視力低下することは通常はありません。
まつエクはトラブルも多く炎症を起こす例もかなり多いですからね。
ただ安全でも伸びなかったら意味がありません。
その点ルミガンは伸びも実感できているので効果も素晴らしいと思います。

» 続きを読む

  • 2016/01/07 06:20:07

腸内環境のための乳酸菌を調べてみた:乳酸菌抽出物LFK

腸内環境のための乳酸菌を調べてみた:乳酸菌抽出物LFK

 

腸内環境を良くするためには乳酸菌を摂取することが必要なのですが乳酸菌抽出物LFKはフェカリス菌という乳酸菌の一種で独自の加熱処理を行うことで、免疫力を高めたり、白血球の機能を促進させるなどの効果を発揮します。乳酸菌抽出物LFKは腸内環境を整えるだけでなく、肝機能を改善させるなどの機能があるので、様々な用途に使用されている乳酸菌です。腸内環境を整えるためには発酵食品を食べるだけでなく、食物繊維を多く摂る必要があるのですが、これにオリゴ糖を加える事で、乳酸菌の働きを良くすることができるので便秘を解消したり、軟便になりにくくすることができます。また腸内環境を良好に保つことは様々な病気を予防するために大切なことなので、精神的な病気やガンなどのリスクを減らすためにも乳酸菌抽出物LFKなどを摂取して免疫力をアップさせておく必要があります。最近の研究では腸内環境が整うことによって栄養分が効率的に吸収されるだけでなく、脳の活性化にもつながるということがわかっているので、将来的には乳酸菌の働きの重要性が増す可能性があります。食事で積極的に乳酸菌を摂取するためには日本人の場合は味噌汁や納豆、漬物などの発酵食品を食べることが必要です。

» 続きを読む

  • 2015/10/08 17:18:08

腸内環境改善計画!乳酸菌は量より種類?

腸内環境改善計画!乳酸菌は量より種類?

 

健康管理のためには腸内環境の維持が欠かせないことが分かってきました。
腸内には100兆個を超える腸内常在菌が住み着いていますが、この常在菌の中でも人にとって良い働きをする善玉菌を増やすことで腸内環境を改善することができます。

 

腸内環境を改善するのに欠かせない善玉菌の中でも有名なのが乳酸菌やビフィズス菌ですがこれらの菌には多くの種類があります。
その種類にはそれぞれ株ごとに名前がつけられており、それによって働く場所や効能が違ってくるのでよく調べて、自分の欲しい効能の菌を摂取するのが良いでしょう。
基本的に乳酸菌は小腸に働きかけてビフィズス菌は大腸で働くという効果があり、こうした善玉菌が増加することで、腸が活性化して本来の働きができるようになります。

 

またインフルエンザを防ぐ効果がある免疫力アップをサポートする種類の菌や、胃酸や胆汁などの消化液に強く腸まで届きやすい菌、プリン体のコントロールに役立つ菌、発がんリスクがあるピロリ菌を抑える菌など、乳酸菌の株ごとにさまざまな効能があることが研究されています。
たくさんの菌を摂取することよりも、どのような菌を摂取して健康づくりに役立てて行くかということを考えることが腸内環境の維持には大切です。

» 続きを読む

  • 2015/10/08 17:17:08

腸内環境改善計画!効果的なサプリメント

腸内環境改善計画!効果的なサプリメント

 

腸は栄養を吸収し、老廃物を排出するとともに免疫機能の大変が集中しており、腸の状態が体の健康を左右します。腸内環境をきれいに保ち、働きを良好に保つのに有効なサプリメントの代表は乳酸菌です。発酵食品に多く含まれる乳酸菌は腸内に常在することで免疫作用を活性化させ、ウイルスや菌の増殖を抑えます。また体にとって不要なものを体外にだし、必要な栄養素を血流に渡すのに大きな役割を果たします。乳酸菌には多くの種類がありますが、サプリメントで摂取するメリットのは手軽さの他に加工法にあります。自然の状態だと腸に届く前に死滅する率が高い乳酸菌がコーティングにより確実に生きた状態で届くことです。善玉菌を増やすオリゴ糖や有害物質を排出する働きを高める食物繊維を含んだサプリメントも腸内環境改善には効果的です。直接的に作用するわけではありませんが、内臓が正常に働くためにはビタミンやミネラルが不可欠なため補助的に栄養素をとることでよりよい環境づくりに役立ちます。ミントなどある種のハーブにも腸の蠕動を促す効果があるので、根気よくとれば長期的にはプラスです。いい腸内環境にするためには、ある程度の期間が必要なため、日常的に続ける必要があります。

» 続きを読む

  • 2015/10/08 17:17:08

腸内環境改善計画!食物繊維たっぷりの食品

腸内環境改善計画!食物繊維たっぷりの食品

 

腸内環境にとって有益な食物繊維は、水溶性と不溶性の2種類があり、野菜や海藻などの食べ物から摂取できます。根菜であればゴボウや芋類が特におすすめで、味噌汁に入れて食べると効率よく摂取できます。ダイコンやゴボウを味噌汁に多く入れると汁は少なくなりますから、塩分を抑えながら味噌の栄養をたっぷりと摂取できるようになります。

 

海藻類にはフコイダンなどの水溶性食物繊維が多いですから、食べれば善玉菌の餌となります。ワカメは味噌汁の具材として頻繁に利用して、昆布は主菜としても使うことが大切です。昆布と一緒に根菜を煮物にして食べれば、栄養のバランスは非常に高くなります。腸内環境にとって大切な栄養を同時に摂取するためには、ひじきをたっぷりと加えた混ぜご飯を食べることもおすすめです。

 

腸内環境にとって有効な食物繊維は、納豆にも非常に多く含まれています。原料の大豆自体に多いのですが、発酵によって吸収されやすくなっています。善玉菌も豊富な納豆を味噌汁に入れて食べれば、酵素などの働きも重なって腸内環境を支えることができます。納豆の他には、金山寺味噌を食べることも有効です。味噌味の野菜炒めをおかずにして、玄米飯を食べることも腸内環境にとって有益です。

» 続きを読む

  • 2015/10/08 17:16:08

腸内環境改善計画!オリゴ糖を多く含む食品

腸内環境改善計画!オリゴ糖を多く含む食品

 

腸内環境は腸内フローラに大きく依存します。腸内フローラとは腸内細菌叢のことです。つまり腸管壁一面に存在する腸内細菌群のことを指します。腸内細菌は1人の人間の腸内に300種、100兆個も存在しますが、これは善玉菌と悪玉菌の2種類に大きく分類することができます。理想的な善玉菌と悪玉菌の割合は2:1とされています。しかし、食生活の欧米化によって、肉を食べる機会が増加し、発酵食品を食べる機会が減少してきています。これによって悪玉菌が増殖しやすい環境が腸内にできやすくなっています。
食べ物でこのような状況となっているため、食べ物で腸内環境を改善していく必要があります。まずヨーグルト、納豆、みそなど善玉菌を多く含む発酵食品を多く摂取することが重要です。これらで善玉菌を補充する必要があります。また肉中心の食生活は避け、悪玉菌が増えにくい環境を作り出す必要もあります。
さらに有効性を高めるにはオリゴ糖の摂取がおすすめです。オリゴ糖は人間の酵素では単糖には分解できません。しかし腸内細菌はこれを分解してエネルギー源とできるため、腸内細菌の増殖を助ける効果があります。また善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす効果があるので腸内環境を改善するには最適のアイテムです。

» 続きを読む

  • 2015/10/08 17:16:08

腸内環境改善計画!乳酸菌を多く含む食品

腸内環境改善計画!乳酸菌を多く含む食品

 

乳酸菌を多く含む食べ物は、発酵のおかげで栄養価が凝縮しています。腸内環境を良くするためにも有用ですから、発酵食品は積極的に利用したいものです。基本的には大豆と麹で作る味噌は代表的な乳酸発酵食品で、ミネラルやビタミンなどの宝庫です。大豆レシチンやトリプトファンも多いために、ブレインフードとしても重宝されています。味噌汁には根菜を豊富に加えることで、塩分量を抑えて食物繊維の量を増やすことができます。

 

米ぬかと塩を用いて作るぬか漬けも乳酸菌が非常に多い食べ物で、昔から保存食品として親しまれています。菌の種類は塩分量や温度などによって変化するために、家庭ごとに味の違いがあります。ぬか漬けの利点は、栄養がほとんどないとされるキュウリも有効に使える点にあります。キュウリをぬか漬けにしただけでも、大量のビタミンやミネラルを吸収して、有用菌も増やすことができます。

 

沢庵漬けもぬか漬けの仲間で、乳酸菌が非常に多いことで知られています。干した大根を米ぬかで漬けることで、乳酸発酵が進む食品です。独特な黄色も発酵によって生まれ、旨味成分も凝縮していきます。乳酸発酵のおかげで程よい酸味がついて、生の大根よりも風味が格段に良くなります。

» 続きを読む

  • 2015/10/08 17:16:08